男ダイエットの王道! ランニングダイエットに1年以上も取り組んでみた結果

スポンサーリンク
スポンサーリンク

男のダイエットと言えばランニング!ガチで取り組んでみた実践記

ビール三昧の生活は気が付けば太る一方。

味付け濃いもの食べたくなるので、昼飯なんかもラーメンを選びがちになります。

糖質に炭水化物と脂質のコンボは確実に太っていくものです。

ちょっとヤバいと思っていたお腹はいつしかベルトの上で揺れ始めるし、顔はパンパンになってくるし…

もっとモテたい…

という気持ちが勝り、ランニングダイエットに取り組みました。

時期は真夏

もともと運動は苦手ではなかったので、気合いさえ伴えばランニングはこなせます。

どこを走ろうか。

まず、これに悩む人は多いかもしれません。

ジムでランニングマシンに乗っても飽きそうだし、あまり汗だくな姿を見られたくない。(OLEは人一倍に汗かきなんです)

外だと気持ちいいかも!

しかし、知り合いに腹を上下に揺さぶりながら走っている姿、30代の汗だくなオッサンの姿はあまり見られたくない。

そこで海岸沿いを走ることとしました。

浜辺に沿ったサイクリングロードを行けるところまで走り、帰りは歩いてでも来た道を戻る作戦

これならヘタレでも、強制的に距離は稼げるので、消費カロリーも比例するはず。

ランニングダイエットを開始してから1週間

不摂生が実感できる日々。吹き出る汗に揺れる腹、切れる息。ランニングの限界距離は三キロほど。帰りのウォーキングと合わせて六キロ。始めたからと義務感でこなす毎日。

男ダイエットの定番を開始して1週間から2週間

案外と慣れてくる。メニューをこなさないと、なんだか気持ち悪さまで感じてくる。

ランニングに慣れてきた2週間から1ヶ月

完全にフィット。歩くばかりだった帰り道も次第にランニングを交え始める。気合いを込めて往復ともにランニングで完走に成功。

ランニングが日課となった1ヶ月から3ヶ月

徐々に距離を伸ばし始める。当初と同じくランニングで行けるところまで。五キロ走破。

帰りも足せば往復十キロ!十分な運動量をこなす日々。

涼しくなってきて。余計に走りやすくなったのも大きい。

誤算

これだけ運動量を増やしたのに食生活を変えていなかったので、あまり体重は減らず。83キロが80キロを切るかどうかのラインで推移。

運動した後は腹が減って仕方がない。夜のビールは本当に格別!

そしていつしか冬となった。

師走・・

寒さは走れば何とかなるが、風はどうにもなりません。

海からの風が砂を巻き上げて吹き付けてくるので、髪はバサバサに…

日本海の荒波を脇目にしながら、強風の中を走り続ける日々!

向かい風の日は前に進みづらいこともありました。

それだけなら負荷をかけるトレーニングだと思えば解決するのですが、砂はどうにもなりません・・

目が開けられない!!!

それでも何とか走り続け、雪が舞うようになった12月終わりにはついに恐れていたことが・・

ハイ・・

積もっちゃいましたね。

それでも走ってみる!

ランニングシューズの底からどんどん浸みてきます。

毎度のように走れるところまで走って、ウォーキングをして復路をこなしている道中。

体温がどんどん奪われていき、ボーっとしてくるし、だんだんと身体も動かなくなってくる。

ヤバいですね。

ダイエットどころか、身体を壊してしまう・・

「冬は天候を見ながら!」と決めた翌日、ガッツリと雪が積もりました。

走路閉鎖。

しばらくはリフレッシュ休暇ということで、ランニングはお休みしつつ、摂取カロリーだけ控えようと決心。

食事量を減らせばいいのだから、そこまでの負担にはなりません。

そして雪も融けて春の息吹を感じるようになった2月末にランニング・ダイエットを再開!!

まだまだ寒さは残っていますが、雪が融けた水たまりを避けながら走ります。

ランニングコース脇にはコンクリートの側壁があるので、そこをピョンピョンと!

運動量は増えますが、いいトレーニングとなります。

いきなりの危機!!!!!

足を引っ掛けてしまいました。

スローモーションで目の前に近づいてくるコンクリートブロック。

咄嗟に手をついて回避!!

砂浜の方へと重心をかけ、そのまま転がり落ちていくOLE・・

痛い。。

見れば、手のひらがえぐれて血だらけ。。

でも・・

もし、ポケットに手を突っ込んでいたらと思うとゾーッとします。

咄嗟の瞬間に手をつくことができなかったなら、コンクリートに頭突きをかましてしまうこととなったわけでして。

人生、本当に思わぬところに生命の危険が潜んでいるものです・・

気がつけば1年以上も継続したランニングダイエット

春が来て、夏を迎えて、秋が訪れ。気がつけばランニングダイエットも1年以上継続してきました。

総距離で考えれば3000kmは確実に超えています!

日本列島縦断しているようなもんです。

本州は青森から山口まで1250kmらしいので、本州往復しているようなもの!

この結果、できあがったOLEを一言で表すのであれば・・

動けるデブ!!!!!!!

全然、減らなかったんだよ・・

1年以上前に計測した80kgからほぼ変わらず。

ガチで取り組んだはずのダイエット失敗の原因を探る

実はランニングダイエットに取り組んだのはこれが初めてではなかったんです。

数年前に取り組んだ結果、見事に7kg減していた成功事例があります。

運動量は数年前と変わらないのに体重が減っていかない原因は・・

・加齢で代謝が下がっていること
・ビールとラーメンをこよなく愛するようになったこと

これらが手淫ではなく、主因でしょう。

同じ運動をして減量できないのは本当にツライものです・・

ランニングダイエットに失敗して動けるデブになったOLEですが、この経験が以降の減量成功へと繋がっていきます!

その名は・・

このブログのどこかにきっと公開されるはず!