陰毛処理で男のシンボルを引き立てる! おススメのケア方法を絶賛公開中!!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

陰毛処理で男のシンボルを引き立てる! おススメのケア方法を絶賛公開中!!

思春期以降、長いこと付き合ってきたチ○毛も、なんだか気が付いたらモッサーとしており、良く見ればグッと長くなっているものです。

我が象徴が埋もれているような思いに駆られてしまいます。

小さいからだろ?というお声には耳を貸しません!

そんなことはない!と信じたい。

ま、いずれにせよサイズばかりはどうにもなりませんよ。

決して小さいのではなく

かの有名なダビデ像を見てみると気付く。

ダビデだって陰毛ケアしているような感じがしてきませんか?

もし、これがモッサーとなっていれば、いくらダビデでもシンボルは埋もれます。

陰毛カットで我が象徴をしっかりと引き立てるよう演出

処理と聞けば、剃るのか?と思う方もおられるかもしれませんが、OLEがおススメするのはカットです。

実際に剃った経験もあるのですが、すぐにチクチクして痒くなってしまうのでおススメできません。

トゥルっとしたとこにデーンとなっているとアンバランスですし、そのようなスタイルをスムーズに受け入れてくれる女性もまだまだ少ないことでしょう。

カットであれば、手元にあるハサミで簡単にケアしていくことができます。

仕上がりもチクチクしませんし、見た目にも違和感はありません。

経験上、初めて目にする女性に抵抗感を持たれることもないでしょうし、何度も目にしてきた女性に気づかれても「切ってみた」と言えば平気です。

さて、実際にどのようなカットをしていくかといえば、自分でバランスを整えながら進めていくだけです。

違和感を覚えないおススメのスタイルは下記。

シンボル周辺は3cmほど残して切ってしまう。
ヘソの方へ向うにつれて5cmほど残すように調整していきます。
足の付け根周辺は3cmほどで統一

自然なスタイルでシンボルは引き立ちます!

陰毛カットには意外なメリットがあります!

短くカットしておくことで、それまで以上にしっかりと洗うことができます。

年齢を重ねてくれば、夏場などはモワッとしたニオイを感じることもありますが、これがスッキリとなくなります

シャワーを浴びる際など、脱衣所や浴室にある鏡で自分を見れば、象徴が引き立っているのでわけもわからず気合が入ったりもします。

そして、ベッドをともにする女性にとって象徴をケアしやすいとの声は多数!

普段は決して人目にさらされない個所ですが、いざというときに備えてケアしておくと、意外なところで深いメリットを感じることができます。

特に、衛生面が充実するのは嬉しいポイントなのではないでしょうか。

陰毛の処理中に気づく、白髪について

アラフォーにもなれば、陰毛に白髪も出てくるものです。

OLEは白髪体質であり、ヒゲにも白髪が出たりしているのですが、陰毛にも白髪が1~2本程度みつかります。

白髪は抜くと増えるとかいう都市伝説がありますが、陰毛の白髪は見つけ次第、抜き取ります!

ちょっと老化のイメージが甚だしいので、こればかりは放置しておくことはできません。

あなたも陰毛ケアをしていくことで、このような白髪もケアできます。

初めて見たときにはさすがにショックでした・・

さすがに陰毛のカラーリングは考えていません。

もし抜いても抜いても追いつかない状況になれば考えてみます。

陰毛の脱毛をセルフケアでちょっと実践してみた結果

結論的に、全然おススメできません。

そこまで気合を入れて抜いてみたわけではないですが、周辺の皮膚が柔らかいため、赤くなってしまいます。

たぶん気合を入れれば入れるほど、ケアしたい範囲が広がってしまい、セルフケアでは追いつかなくなることかと思います。

Vゾーンならケアしきれるかもしれませんが、IゾーンやOゾーンは自力では無理です。

誰かにやってもらうわけにもいきませんし、エステ脱毛にしてもVIO脱毛は女性限定となっているサロンばかりです。

男性も施術可能なお店もあるようですが、ちょっとVIOで利用するには気が引けてしまいますね。

もともと永久脱毛とネーミングされていても、実際には年に数回のケアを繰り返していかなければなりませんし、面倒なところもあります。

陰毛の脱毛は、気が向いたときに掴んでグイッと数回やってあげるといいですよ!

抜けた毛が絡まって残存している場合がありますので、こうしてやることで活き活きとした毛だけが残ります。

なんとなくですがストレスも発散できたりします。