禁酒6日目! 我慢度合いが減り、アルコールがなくてもストレスが少なくなる

スポンサーリンク
スポンサーリンク

禁酒している状況に慣れと落ち着きを強く感じる

禁酒はまさに一日一日が自分との戦い。

金曜の晩に次々と襲ってきた誘惑に勝ったことが自信となったせいか、土曜日はとても楽に過ごすことができました。

先週まで、いつもなら昼過ぎまで平気で寝ていたものですが、9時半にはスッと行動開始。

特に予定もなかったので、近くのドンキまでノンアルコールビールの買い出しに。

ドンキは特に飲料水が安いものです。

ここで白い缶に入ったドライゼロフリーと黒い缶に入ったドライゼロブラックをみつけ、それぞれ6缶パックを購入。2つ合わせても1100円前後!

いつものドライゼロに飽きてきていただけに、新たな風味を試してみる。

ドライゼロフリーを飲んでみた感想

なんだかクリーミーで、とてもまろやかな感じがします。

爽快感もしっかりあり、OLEはとても好きな味でした。

プレミアムモルツがノンアルコールになったと考えれば、より適した表現かもしれません。

エールビールをノンアルコールにして、爽快感をプラスしたというか・・

コクがあるのでいつものドライゼロより満足感が得られます

ドライゼロブラックを飲んでみた感想

缶のデザインとネーミングから察することのできるよう、黒ビールをノンアルコールにしてみたイメージ。

コクとキレがあるので、“飲んでいる感”はしっかりと得ることができます

もともと黒ビール自体、好き嫌いが分かれるものなので、ドライゼロブラックも好き嫌いは大きく分かれることかと思います。

両方を飲み比べてみた結果、OLEの独断によると

風味  ドライゼロフリー>ドライゼロブラック
爽快感 ドライゼロフリー>ドライゼロブラック
キレ  ドライゼロフリー<ドライゼロブラック
コク  ドライゼロフリー<ドライゼロブラック

となります。

プハーッとしたいときにはドライゼロフリー、ゴクッとしたいときにはドライゼロブラックがおススメです!

禁酒に取り組みはじめた当初は、ビール風味の飲料でごまかしてみると良いのですが、どうしても同じ飲料ばかりだと飽きてしまうので、違うテイストを取り入れて変化を出していくのはベターな選択肢といえることでしょう。

禁酒によるダイエット効果を感じる

腹が引っ込んできました。

ベッドに寝転がって横向きになるとボテッと重力に従っていた腹肉の量が明らかに減っています。

肝臓が腫れていたのが引いてきただけかもしれませんが、考えてみれば1日当たり1000~1500kcalは摂取が減っているわけなので、痩せることができるのは当然といえることでしょう。

ベルトの上に存在感をアピールする肉塊はアラフォーのOLEにとって気になっていた箇所なので、このまま禁酒を続けるための強いモチベーションとなります。

禁酒 ダイエット 効果”といったキーワードで諸先輩方の体験談に目を通してみても、やはりダイエット効果を強く感じている方がとても多くおられます。

ちょっとでもカッコよくなるために、腹肉とは戦わなければなりません!

だって・・中年太りってやつに他ならないのだから・・

そもそも一般的に腹の出たオッサンはカッコイイ存在ではありません。(ちゃんと腹肉がなくなったら、打ち消し線をはずしに出直してきます)

日曜日は朝から予定を入れることで禁酒継続をサポート

控える日曜日は朝から予定を入れてあるので、おそらく禁酒1週間継続は濃厚だと思います。

その予定とは・・!

仕事

身体は軽いし、頭はすっきりしているので、何かしていないと落ち着かないから、仕事を入れました。

昼までダラダラしているくらいなら、朝から動いて少しでもやることをやった方が有意義に時間を使えます。

こんなこと、飲酒していた時には考えられなかったなぁ・・

休みなんだからと前日は深酒し、昼過ぎまで寝て、5時間もすれば日が暮れるのでまた飲みだす日が連なっていただけなので・・

過去は変えられないけど、未来は変えられるんだ!(ウルトラマンシリーズ共通のテーマ)

ウルトラマンオーブトリニティ