鼻毛が気になるので抜いてみた結果・・いつもいるあいつを消去するために

スポンサーリンク
スポンサーリンク

よ~く見ると、必ず見えている鼻毛を抜くことにしました

鼻毛を定期的にハサミでちょきちょきやっている人は多いのではないでしょうか。

OLEもその一人なんですが、どうしてもそれでは仕上がりに納得いきません。

良く見ると、剃り残したヒゲのようにいつも佇んでいる鼻毛ちゃんを除去したくてたまらなくなったんです。

鼻の形状からしても、鏡に顔を近づけて下から覗きこめば誰だってチョロチョロっとしているものですが、どうにかならないものか。

カットするにも限界があるからこそ、鼻毛脱毛を試してみるわけです。

そもそも鼻毛の役割とは

OLEのように鼻毛を邪魔者扱いすることは許されないことです。

鼻毛は呼吸するための鼻の最前線でフィルターとしての役割をするために生えているのであり、決して無駄に存在しているわけではありません。

細菌やホコリと戦うだけではなく、吸い込んだ空気の湿度を保ち、乾燥を防ぐ大事な役割も持っているのが、鼻毛様の正体です。

OLEがどうにかしたいのは、入口にある部分のみ。

奥の方は外に出ない程度にカットしておけばそれでOK。

鼻毛の完全脱毛は生物としてやってはいけないことだと思います。

いざ鼻毛の処理に取り掛かってみた結果

鼻を軽くつまんで、出てくる部分を少し奥まるような箇所からカットを繰り返します。

この作業は左右たしても数分程度で終わりますし、誰にでもケアしやすいかと思います。

ただし、集中力は欠かさないように!

鼻の内側を誤ってハサミで切ってしまう危険が多々あります。

「イタっ!!!!」

となります。

OLEはなりました・・

そして、こいつのケアに入ります。

ヒゲと同様に、毛抜きでプチっと!

1本

2本

くしゃみ

1本

くしゃみ

ギブアップ

無理です!

いくら入口であっても、鼻の粘膜に刺激が強いせいか、痛みも強ければクシャミも誘発されて作業になりません。

仕方なしにハサミでカットして出来上がり

鼻毛カッターでリベンジしてみる! 仕上がりに合格点は出せます

セルフケアで鼻毛処理に取り組んでみたものの、思い通りの仕上がりとならなかったので、たまたま店頭で見かけた鼻毛カッターを購入しました。

ネットでも購入できますね。店頭で購入するより品質・価格ともに優れています。

鼻毛カッターのスイッチを入れ、先っぽを例の箇所にピタッとあててみます。

ウィーン

ジョリジョリジョリジョリ

いい感じでケアは進んでいきます。

痛みはまったくありません

しかし、カットしきれない長さはあるようで、根元付近はどうしても残ってしまいます。

どれだけ鼻毛カッターを深く押し当ててみても、刃の周囲を覆っている金属カバーがありますので、根元までの処理は物理的にできません。

セルフケアで処理できないので、背に腹は代えられない以上、鼻毛カッターを愛用する以外に選択肢はありません。

鼻毛カッターを常用したその後・・電池には注意!

鼻毛様はすぐに伸びてくるので、鼻毛カッターの使用も頻繁となります。

使っていけば電池はモチロン消耗していきます。

電池残量は、モーターの回転数が鈍ってくるので、なんとなく音の変化で掴めます。

OLE愛用の鼻毛カッターは電池が少なくなってきて、使用中でもモーターが停止したりするようになりましたが、そのまま使用していました。

電池がなくなって動かなくなれば電池を変えよう、と思っていたのです。

そんなある日、使用中にモーターストップ・・

ヤバい・・

鼻毛をカットする寸前でストップしていたので、鼻毛様が巻き込まれたまま停止してしまったんです。

仕方ないので、そのまま引き抜きます。

痛みとクシャミは言うまでもなく・・

鼻毛カッターの電池残量には気をつけましょう!

鼻毛ケアにブラジリアンワックス?

ネットで見かけたのですが、ブラジリアンワックスを鼻毛ケアに使用すると仕上がりもキレイだそうです。

ブラジリアンワックスとは、脱毛に使用されるワックスです。

痛みもなく、キレイに抜けますので、腋毛や陰毛処理など毛が太くてもしっかり対応できる優れモノ。

これを例の個所に塗れば・・

野望は拡がります!